【クルミでED改善】中折れ程度のED症状ならクルミを積極的に食べよう!

Ignite_58041_1

最近、健康や美容などで話題になっているクルミ。

実は、クルミには中年男にも積極的に摂取するメリットがあります。

ズバリ!ED予防・ED改善。

今回はクルミの効果や効能・特徴を紹介しながら、どんな仕組みでクルミが男のED(勃起障害)に対して恩恵をもたらしてくれるのかを紹介したいと思います。

そして、クルミの恩恵を受けるには、クルミ酒がもっとも優れている理由も付け加えて紹介しましょう。

クルミの効果について

クルミの原産地はヨーロッパ~西アジアとされています。もちろん、日本でもクルミは取れますし、古くから滋養強壮の効果が高い食品として重宝されていた歴史があるんです。

クルミの滋養強壮効果は8世紀にはすでに知られていて、体力増強・疲労回復の食品として扱われていたことが生薬書の古典にも記されているそうです。

クルミは漢方でも扱われる生薬の1つです。

その漢方薬の考え方では、クルミの効果は「腎機能を高める」こと。これがクルミの持つ1番の効果・効能です。

漢方における「腎」というのは、現代の腎臓・副腎のことを指しています。

ちなみに、この腎臓と副腎は男性ホルモンを分泌する生殖器官でもあります。男が男性ホルモンを分泌する内蔵器官は3つあり、腎臓・副腎・睾丸になります。大半は睾丸が占めているのですが、約2割は腎臓と副腎によって分泌されます。

そして、睾丸で作られる男性ホルモンの種類と腎臓・副腎で作られる男性ホルモンの種類は違います。

この種類の違う男性ホルモンが混ざり合って、男性ホルモンのポテンシャルが発揮されるので、約2割の分泌を担っている腎臓と副腎が機能低下だけでも男性ホルモン低下による男性更年期障害(LOH症候群)が発症すること恐れもあるんです。

少し話が脱線しましたが、それほど腎臓(副腎も含む)の機能はEDや精力減退に直接的に関わってくるんです。漢方では「先天性の
エネルギーは腎臓・副腎に宿る」と言われており、健康・長寿・若さの秘訣において重要視されているんです。

この腎臓や副腎が弱る状態を腎虚(じんきょ)と言います。

腎虚の状態になると、老化が進み、ED・頻尿を始めとしたあらゆる病気が表れやすくなります。中でも下半身の悩みは腎虚の代表的な症状と言われています。

動脈硬化は下半身から表れやすい

一般的に動脈硬化が起こり始めた時に1番影響が表れやすいのが男性器の血管です。

男性器(陰茎)の血管は心臓が内径3~4mmのに対して、1~2mmしかありません。つまり、人間の動脈の中で最も細い血管が男性器の血管なんです。

これがどういう意味を表すかと言うと、動脈硬化や血行不良になって1番早く症状として現れるのはED・中折などの勃起に関する障害になります。

そのため、病院でもED患者(EDによる悩みの人)が外来してきた場合は、まず動脈硬化の進行や血流の問題から診察を進めていくようになっています。

クルミの力

中国の薬物書でクルミは「助陽薬(じょようやく)」とされています。

言うならば、身体の活力や元気がなくなったり、疲れやすくなったときに補うための滋養強壮薬です。

そのため、腎虚による症状に効果が発揮されるんです。

クルミの力は中国(漢方)だけではなく、ヨーロッパ(欧州)の医学である西洋医学でも同じように位置づけられています。これはクルミの力を証明する裏付けともいえますね。

注目は「オメガ3系脂肪酸」

西洋医学ではクルミは良質なタンパク質と脂質を含んでいる食材とされています。特にクルミに含まれている脂質にはオメガ3系脂肪酸の1種である「α-リノレン酸」と「オメガ6系脂肪酸(リノール酸)」がバランスよく含まれているのが特徴です。

中でも、最近脚光を浴びているのが「α-リノレン酸」です。

むしろ、この成分が含まれているからこそ、近年のクルミの健康ブームが成り立っていると言っていいでしょう。

α-リノレン酸には悪玉コレステロールを減らして、動脈硬化を予防する働きがあります。血流において血栓をできにくくしたり、血液自体をさらさらにする血行促進効果も高いとわかっています。

ビタミンEとビタミンB1も豊富

クルミにはオメガ3系脂肪酸だけじゃなく、ビタミンも豊富に含まれています。

特に注目はビタミンE。

ビタミンEは老化を予防する抗酸化ビタミンであることは多くの人が知っていることだと思います。それに加えて疲労回復ビタミンと呼ばれているビタミンB1も豊富に含まれています。

クルミがED改善に効果的な理由!

クルミを積極的に摂取すると、α-リノレン酸の働きとビタミンEの作用によって動脈硬化の予防と改善が期待できます。

また、血液がサラサラになって血行が促されることから、2つの角度からEDに対してアプローチしてくれるわけです。

こういった理由からED改善にクルミが効果的なんです。

クルミには睡眠の質を高める効果もある!

クルミには必須アミノ酸の1種であるトリプトファンという成分が含まれています。簡単に言ってしまえば、このトリプトファンが良質な睡眠へ働きかけてくれる物質です。

トリプトファンは神経伝達物質であるセロトニンの原料となる物質です。

セロトニンとは別名で「幸せホルモン」と呼ばれていて、この物質によって人間の精神状態は安定してくれています。そして、このセレトニンからメラトニンと呼ばれる物質が生成されます。

メラトニンはいわば睡眠をコントールする物質で、メラトニンの生成が促されればよく眠れるようになるということがわかっています。

EDにとって良質な睡眠による疲労回復は重要になります。また、最近では睡眠時の無呼吸症候群がEDを誘発させていると研究報告
あります。また、無呼吸症候群による治療で7割の患者がED改善をしたという治療報告もあります。

男性の勃起において睡眠はポテンシャルを左右する大切なファクターであることは間違いありません。

そんな睡眠に対してクルミに含まれているトリプトファンは重要な働きをしてくれ、クルミには良質な睡眠を促す効果があることがわかります。

クルミによる睡眠効果を最大限に引き出すなら、クルミ酒が1番オススメです。

アルコールによるホロ酔い加減が睡眠導入になりますし、トリプトファンの摂取による睡眠の質の向上も測れるので、睡眠のことを考えればクルミ酒が1番でしょう。

作り方は簡単で、クルミを細かく砕いて日本酒(ぬるかん)に入れて飲むだけ。好みによっては砂糖やザラメだと入れると飲みやすいと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加