漢方医学の力でホルモン分泌を高めよう!

漢方医学と漢方薬

漢方は身体に優しい薬のイメージを持っている人は多いと思います。漢方薬や漢方医学という名前は聞いたことはあってもよくわからない人がほとんどかと。

現実的にも疾患・症状といった何らかの病気を治す際には、漢方医学ではなく西洋医学に頼る人がほとんど。西洋医学は即効性があり、漢方薬のように身体に優しいイメージがある薬と知っていても、西洋医学に頼りがちになりますよね。

そもそも、現在では漢方治療は、検査で異常が見つからない時や、西洋医学の治療では不十分な時に行われるもので、そういった西洋医学の劣化版のような位置付けになっています。

しかし、この漢方医学は病気や症状などを治す際だけでなく、普段の生活でも役立つ要素が盛り沢山ということを知っていましたか?

生活習慣病や更年期障害といった治療対象にはなかなかならない症状に対して、有効的な医学なんです。

それではこの漢方医学というものがどういった考えで作られて、どういった特徴をもつ医学なのかを詳しく説明しましょう。

漢方医学と西洋医学の違い

西洋医学の場合、まず、病名を明らかにしてから治療を開始するのが基本的な考え方。そのため、原因として考えられる場所に対して治療が行うようになります。その原因で何か悪いことが起こっているのであれば、その悪い原因を止めたりします。

また、その悪いことがどんな仕組み・メカニズムで起こっているのかを解明して、その根本的な部分から悪い原因を排除したり、治していくようになります。

この考え方を元に薬を処方したり、治療したりするわけですが、これが問題になっているパターンもあるんです。

例えば、西洋医学で「気管支喘息」という病気で治療を受けると、副腎皮質ステロイド約や気管支拡張薬などを処方して治療します。

しかし、腰痛や皮膚のかゆみなどの症状も併発している場合には、腰痛の消炎鎮痛剤、骨代謝改善薬などが処方され、皮膚のかゆみには抗ヒスタミン薬などといった治療薬が処方されます。

こういった流れから老人が飲む薬がどんどん増えていきます。まさに苦しづけの日々になってしまうんです。薬の量が増えると胃に負担もかけるので、「胃薬も追加して飲む」といったように、薬の為に薬を飲むという行為に繋がるわけです。

これが普通に起きているのが現状の西洋医学になります。

コレとは反対に漢方医学の場合は、病気を1つ1つみつのではなく、病気に対しての身体全体の反応をみるという風な治療になります。

ここが漢方医学と西洋医学の根本的に違う部分になります。

漢方と西洋

この病気に対する身体の反応を「証(しょう)」と漢方医学では呼ばれているそうです。

先ほど例に出した、「気管支炎喘息」「皮膚の痒み」「腰痛」という人の場合だと、漢方医学では「陰証」という風に診断され、1つ1つの病気に対してではなく、「気管支炎喘息」「皮膚の痒み」「腰痛」を「老化」が1番の原因だと考えて治療が進められていきます。

そのため、漢方薬として「八味地黄丸(はちみじおうがん)」という老化に対して用いられる薬を飲むようになるんです。

西洋医学では病気に対して治療し、漢方医学では病気になっている身体に対して治療をするという違いがあるんです。

薬にも漢方薬と西洋薬で違いがある

漢方薬と西洋薬

一般的に病院で薬を処方されるときは西洋医学の薬になります。

西洋医学の薬は人工的に化学合成させた単一の成分を用います。漢方医学では皆さんご存知の漢方薬を使用します。

漢方薬は人工的に作った単一成分は一切使わず、2種類以上の生薬(しょうやく)という天然の植物や素材を混ぜ合わせた薬としてしようします。

漢方薬で使われる生薬は基本的に植物になります。薬草という考え方も漢方薬の一種ですが、時には動物や鉱物を使用した生薬もあるんですよ!

植物・動物・鉱物などが漢方薬の成分ということになります。こういった素材をそのまま使うのではなく乾燥させたり、加熱させたりして性質を少し変化させて薬へと変化させていきます。

これらを組み合わせて1つの薬として完成されていくわけです。

これが漢方薬の特徴で、西洋薬との大きな違いになります。

漢方薬の種類は人の様体によって大きく変わる。

漢方薬は生薬と呼ばれる素材を組み合わせて作られます。

有名な漢方薬として「人参湯」というものがあります。

この漢方薬の場合、甘草(かんぞう)、乾姜(かんきょう)、薬用人参(おたねにんじん)、蒼朮(そうじゅつ)という4つの生薬を組み合わせて漢方薬として出来上がります。

これら生薬を粉々に砕き、煎じ薬にします。

市販で売られている漢方薬は、この煎じた薬を加熱して、粉末状に戻している状態のものになります。

そして、この薬は患者の病態に対して選ばれます。

それが上記で紹介した「証」になり、証の種類によって処方される漢方薬が大きく異なってきます。

証の診断では陰陽(いんよう)、気・血・水(き・けつ・すい)といった種類を基準にして適した漢方薬を選んでいくことになります。

陽証・陰証の2つに大きく別れる【陰陽(いんよう)】

漢方医学の診断では大きく陽証と陰証という2つに別れます。

簡単に言えば、陽証は抵抗力がある場合で、陰証は抵抗力がない場合ということになります。

例えば、身体に何らかのウイルスや菌が混入すると高熱がでて、身体がだるくなります。

しかし、これは身体がウイルスに対して抵抗しているから、体温が高くなっています。

つまり、漢方医学でいうと抵抗力があるが故に身体に何らかの異常が発生しているという解釈になり、陽証という風に診断されます。

陽証と陰証

これと反対に抵抗力がなくウイルスや菌の攻撃によって身体に異常が発生している場合は抵抗力不足なので陰証という風に診断されるんです。

人間の身体は熱を発している場合は、抵抗力が働いている状態と言われており、その抵抗力が低下してしまうと冷え(寒)に変わっていくんです。

この別れ目で処方される漢方薬が大きく変わっていくんです。

ちなみに、陽証よりも陰証の方が病気が進行している状態になります。

かと言って、陽証の方が必ずしも軽い病気というわけではありません。身体の抵抗力は病気や菌の強さに比例しています。

つまり、菌やウイルスが強ければ強いほど、人間の抵抗力は強くなり高熱を起こしてしまうんです。

身体の循環要素を表すのが【気・血・水(き・けつ・すい)】

漢方医学の考え方では、気・血・水という3つがバランスよく働いているから、健康を保ち生命活動が維持されていると考えられています。

気は目には見えないエネルギー

気の働きが衰えてしまって元気がなくなっている場合を「気虚(ききょ)」と言い、気のめぐりが悪くなって逆上せたりする状態を「気逆(きぎゃく)」と言います。

もう一つ、気がどこかで支えてしまい喉が詰まったり、抑うつになってしまう状態を「気うつ」と言います。

気はヤル気などだけでなく、自律神経などの精神的な作用も含まれています。

例えば、自律神経が不安定になると、不眠症や動悸・ほてりといった症状が大きく見られるようになります。漢方医学では目に見えない症状ということもあり、気という風に考えられているわけです。

ちなみに、ホルモンバランスも気の1種になります。

血はその名の通り血液

血は血液であり、血液の循環もありますが、酸素を運んだり、栄養素を運んだりする役割もあるので、そういった意味合いも含まれています。

血液のめぐりが悪くなり、動脈硬化などになってしまう場合を「淤血(おけつ)」と言い、循環の不具合によって血液の栄養素が十分に行き渡っていない場合を「血虚(けっきょ)」と言います。

水は血液以外の液体

リンパ液などが水に該当しており、血液以外の液体の循環が悪くなることを「水滞(すいたい)」。

この場合、むくみやダルさなどの症状が伴います。

漢方医学の診察方法

漢方医学には4つの診察方法があります。この診察方法を「四診(ししん)」と呼びます。

その名の通り4つの診察方法を合わせているということですね。

望診(ぼうしん)

顔色や皮膚の色などを観察します。そして、舌の状態なども望診に入ります。

別名で舌診(ぜっしん)と呼ばれますが、これは人間の健康状態を見極める上で重要であり、欠かせないものです。

聞診(ぶんしん)

せきの状態などが聞診に入ります。

その名の通り聞いて診断するということなので、医者が耳で聞き分けるという診察方法です。また、ニオイなども聞診に含まれています。

問診(もんしん)

これは西洋医学でも定番で、その人の自覚症状や病歴といった内容を質問形式で診察していく方法になります。

漢方医学では、身体の状態をしっかり知って置かなければ治療できないので、心理状態を含めて、問診が行われるようになっています。

だから、我々が一般的な病院でされる問診よりも遥かに詳しい内容が質問されるようになっています。

切診(せっしん)

直接、医師が患者を手で触れて診察する方法です。

脈に触れたり、お腹に触れて状態を把握したりする診察方法になります。


病院とは思えないほど感覚的なものを頼りに行われるのが漢方医学の診察方法です。数値からされていないため、初めての人は「本当に大丈夫なの?」と不安になる人も多いでしょう。

そういった理由から、世界的にみても西洋医学が多数になっています。

しかし、西洋医学ではどうしようもなかった症状や病気が漢方医学では治ったという事例も存在しているのが現実です。

数値や理詰めだけではわからないのが医療の世界だということなんですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加